和歌山県(行事・祭り・イベント)

2017年12月18日

紀三井寺しまい観音(和歌山県和歌山市)2017

12月18日、紀三井寺の大根炊きに行きました。
紀三井寺は、12月18日が「しまい観音」です。
この日に大根炊きを食して厄除開運・無病息災を願います。
紀三井寺は有料の寺院ですが、この日は大根券を購入すると拝観料は無料に。
17-12-18紀三井寺大根炊き0117-12-18紀三井寺大根炊き02

階段は急です。上から海が見えます。
17-12-18紀三井寺大根炊き0317-12-18紀三井寺大根炊き04

大根炊きには護摩木も付いていて諸々の願いを記入します。
17-12-18紀三井寺大根炊き05

大根は地元の「布引ダイコン」が250本ほどで900食分。
観音講と信徒さんが2日間で炊き上げています。
17-12-18紀三井寺大根炊き0617-12-18紀三井寺大根炊き07

境内には、大根守も販売されています。
テレビが数社、報道関係も来ていました。
ここの大根だきは、今まで食した中で一番量が多かったと思います。
大根1本の4分の1はあります。
大根券が500円。
拝観料200円。護摩木100円。なので大根だきは200円です。

satogaarukumiti at 12:08|PermalinkComments(0)

2017年11月08日

野中の獅子舞(和歌山県紀伊田辺市)2017

11月3日、野中の獅子舞に行きました。
野中の獅子舞の始まりは、南北朝時代に近露の野長瀬一族が
大塔宮護良親王の出陣の時に舞った舞です。
和歌山県無形民俗文化財に指定されています。
秋は2日の夜と3日に行われています。※1月2日と3日にもあります。
3日は、近露王子、近野神社、継桜王子の3箇所でありますが、
京都から日帰りで行く場合、近野神社の途中からになるので、
それなら継桜王子、1箇所でいいでしょう。
近野神社と継桜王子ってわりと離れているし。
特急くろしおで、紀伊田辺駅に。
駅からバスで、1時間20分。野中一方杉に。
さらに、徒歩25分ほど。山奥です。一応、熊野古道のようです。
継桜王子付近には、名水で「野中の清水」というのがあります。
ここは奧の方から清らかな水がわき出ていて、
「野中の清水」として古くから知られた名水である。
真上に継桜王子社や一方杉があり、熊野路を歩く旅人がわざわざ道から降りてきて、
よくここでのどをうるおした。
また、この付近一帯の住民の大事な用水にもなっていた。
昭和六十年に環境庁の名水百選にえらばれた。
句碑の「すみかねて道まで出るか山しみづ」は、
俳人服部嵐雪が宝永二年五月仲間七人と共に伊勢と熊野に参り、
田辺の方へ歩いて行く途中ここで詠んだ句である。
歌碑の「いにしへのすめらみかども中辺路を越えたまひたりのこる真清水」は、
歌人斎藤茂吉が昭和九年七月土屋文明と共に熊野に来て、
自動車で白浜に向かう途中で詠んだ短歌である。
17-11-03野中の獅子舞0117-11-03野中の獅子舞02

継桜王子は山の中腹に。
17-11-03野中の獅子舞03

近露王子、近野神社、継桜王子と獅子舞の演目を奉納していきます。
3日の演目は、
近露王子(乱獅子・花かがり・剣の舞)
近野神社と継桜王子(乱獅子・花かがり・うかれ獅子・剣の舞)
神社までの間は、道中神楽を。各神社では、神事の後に幣の舞を。
野中の獅子舞は全6曲あります。
神事があり、その後に幣の舞です。
17-11-03野中の獅子舞0417-11-03野中の獅子舞05

多くの人が来られています。
17-11-03野中の獅子舞06

神事が終わると祭場を変え奉納を。
乱獅子
17-11-03野中の獅子舞0717-11-03野中の獅子舞08

花かがり
17-11-03野中の獅子舞0917-11-03野中の獅子舞10

うかれ獅子
17-11-03野中の獅子舞1117-11-03野中の獅子舞12

剣の舞
17-11-03野中の獅子舞1317-11-03野中の獅子舞14

途中、祭場は人でいっぱい。
これは、地元で散策ツアーがあった様子。
それに加えて大型バスで外国人の団体が。
最後は餅まきでしたが、帰りのバスの時間がせまっていたので、餅まきの画像は撮らずに移動。
ここまで25分かかったけど、下りは10分程度で到着。これなら餅まきも撮れたけど…

satogaarukumiti at 00:36|PermalinkComments(0)

2017年04月04日

伊作田稲荷神社ひな流し(和歌山県田辺市)2017

4月3日、伊作田稲荷神社の「ひな流し」に行きました。
以前から行こう行こうと思ってましたが、
海に流す場所が載っていないので、検索しても場所特定に至らず…
そこで思い切って場所特定しないままに出かけました。

和歌山県の雛流しは、淡嶋神社(和歌山市)粉河寺(紀の川市)もあり、
この2つは行ってますので…
やみくもに出かけるからには2時間ほど早めに行って、
観光協会か神社に直接、聞くしか方法はありません。
伊作田稲荷神社で神事がおこなわれる時間は分かっていますので…
紀伊田辺駅に着き観光協会で聞いたところ、
あぁ、それならどこどこと簡単に情報をゲット。

2時間ほど空白の時間が出来てしまった…
駅にいてもね。
海に出て、早いけど歩いて行く事に。
観光協会で教えてもらった場所と言うのが、南紀シータイガーマリーナ。
そこの裏側でおこなわれているそうです。
めぼしき岩礁を発見。
まだ時間があるので周辺を散策。
数人の人が海岸に向かう道へ。
聞いて見ると以前は、この先で「ひな流し」が行われていたらしい。
あれ、南紀シータイガーマリーナから少し離れている。
今はここでは行われていないらしい。
マリーナの裏と言うか横でおこなわれているようです。
観光協会さんが言っていた南紀シータイガーマリーナの裏側とも違う。
斎場に向かうには鉄工所前からしか入れないそうです。
こんな場所、まず地元でなかったら分からないと思います。

行ってみると人形が入れられた舟を下ろしている所でした。
斎場を設置。神事が。
17-04-03ひな流し0117-04-03ひな流し02

祓いや祝詞が。そして木の枝で舟のまわりを軽く叩き清めます。
17-04-03ひな流し0317-04-03ひな流し04

最初に、わらの小舟に乗せられた人形を流します。
わらの小舟は、浮かべる程度の儀式です。
17-04-03ひな流し0517-04-03ひな流し06

続いて人形が積まれた舟です。
海に浮かべます。
17-04-03ひな流し0717-04-03ひな流し08

岸壁から船に渡します。
17-04-03ひな流し0917-04-03ひな流し10

船で湾内を3周します。
17-04-03ひな流し1117-04-03ひな流し12

そして船を陸にあげ車に積み込みます。
ここでの祭事はこれで終了です。
17-04-03ひな流し13

ひな流しは、古くなった人形や役目を終えた人形などを供養するのと
お子さんの厄を祓うと言うものです。
最後は、お子さんと言う事でお菓子を配られていました。
伊作田稲荷神社の「ひな流し」は、2箇所でおこなわれていて、
ひな流しの他に、伊作田稲荷神社で最初に神事。最後に人形の焚き上げです。
全部、見るには車での移動しか見られません。
したがって神社での神事や焚き上げはパスして、ひな流しの祭事だけにしました。

satogaarukumiti at 05:41|PermalinkComments(0)