滋賀県(行事・祭り・イベント)

2018年08月08日

びわこ大花火(大津駐屯地)2018

8月7日、びわこ大花火に久しぶりに行きました。
以前は大津側で撮りましたが、今回は大津京側で撮りました。
大津側、なぎさ公園の方は正面でいいのですが人が多すぎる。
今回は空いている場所から撮ってみたかったので大津駐屯地に。
びわこ大花火の時は、18:30~駐屯地内が一部開放されるんです。
穴場の一つです。
あとバイパス脇も穴場の一つらしいのですが…土地勘がないと無理です。
駐屯地内には戦車や飛行機の展示も。
18-08-07びわこ大花火0118-08-07びわこ大花火02
18-08-07びわこ大花火0318-08-07びわこ大花火04

自衛隊の大津駐屯地は露店やトイレなど設備が充実しているので便利です。
花火の時はヘリポート周辺が開放されます。
18-08-07びわこ大花火0518-08-07びわこ大花火06

花火は19:30からですが、30分前でも湖面の近くに行けました。
大津側では30分前に湖面なんてまず行けません。
打ち上げ花火は2箇所からです。対岸の街並みは大津港、なぎさ公園方面です。
18-08-07びわこ大花火0718-08-07びわこ大花火08

花火の様子です。
18-08-07びわこ大花火0918-08-07びわこ大花火10
18-08-07びわこ大花火1118-08-07びわこ大花火12

びわこ大花火は1時間で1万発ですが、51分で7000発。残り9分で3000発。
18-08-07びわこ大花火13
18-08-07びわこ大花火14

最後は花火が多すぎて白色が強すぎて…あたり真っ白。20:30頃
18-08-07びわこ大花火15

なので、あえて終わる瞬間を。20:31頃
18-08-07びわこ大花火16



satogaarukumiti at 19:57|PermalinkComments(0)

2018年05月05日

公家奴振り(滋賀県米原市)2018

5月4日、福田寺の公家奴振りに行きました。
福田寺は、京都の本願寺の連枝寺でもあります。
江戸時代に摂政関白右大臣二条斎敬の妹、かね子を室に迎えています。
この時に夫人に随従してきた公家奴振りを供方が伝えたものといわれています。
春(5月4日)と秋(11月15日に近い日曜日)の2回おこなわれていて、
昔と同じ公家奴振りを残しています
奴が「ヨーイヤセ、アレワイサノサ」と…
毛鎗を放り投げたりとか…
熊野神社前の道から奴振りが始められます。
18-05-04公家奴振り0118-05-04公家奴振り02

毛鎗を放り投げます。
18-05-04公家奴振り03

福田寺から楽人さんら神職さんらの列が。
18-05-04公家奴振り0418-05-04公家奴振り05

熊野神社前で合流します。
公家奴振りから鳥居前で清めの儀式をおこない、神社の参道に入っていきます。
先頭の2人は露払いです。
18-05-04公家奴振り06

奴のみなさんは左右の手の指で、お金のジェスチャーをします。
これは江戸時代など大名行列などで自分の値踏みらしいです。
18-05-04公家奴振り07

神社に奴など行列が到着。
18-05-04公家奴振り0818-05-04公家奴振り09

本殿で祭事がおこなわれ、摂社の稲荷社でも祭事が。
18-05-04公家奴振り1018-05-04公家奴振り11

それが終わると湯立です。
18-05-04公家奴振り1218-05-04公家奴振り13


satogaarukumiti at 12:45|PermalinkComments(0)

2018年03月11日

立木神社御鎮座1250年奉祝祭(滋賀県草津市)2018

3月11日、立木神社御鎮座1250年奉祝祭に行きました。
立木神社御鎮座1250年の祭事は、昨年おこなわれたみたいですが、
50年に1度の奉祝祭は、1年目におこなわれているそうです。
よって奉納行事は今年となりました。
オープニングは和太鼓です。
18-03-11立木神社奉祝祭01

続いてジャグリング
18-03-11立木神社奉祝祭0218-03-11立木神社奉祝祭03

立木神社は、矢倉さんやれが2年に1度、立ち寄ります。
本来は5月3日なのですが、奉祝祭と言う事で特別に。
矢倉神社から立木神社まで移動。
18-03-11立木神社奉祝祭04

立木神社で、さんやれ踊りが。
ただし、ほんの10分間だけでした。
18-03-11立木神社奉祝祭0518-03-11立木神社奉祝祭06

伊勢大神楽が。奉祝祭なので本格的に見せていただきました。
伊勢大神楽は、8舞8曲で構成されています。
8舞とは、鈴の舞・扇の舞・四方の舞・跳の舞・楽々の舞、
これらは一般的に神事舞とも呼ばれています。
他に神楽舞と呼ばれる剣の舞・神来舞・吉野舞があります。
8曲とは、傘の曲・手まりの曲・綾採の曲・献燈の曲・水の曲・剣三番叟などの曲芸。
新しい、魁曲・玉獅子の曲があります。
そして、伊勢大神楽にはサーカスにいる道化師が場内をおもしろおかしくします。
8舞8曲まではいかないけど、十分に見られました。
最初は本殿にて鈴の舞・扇の舞など。
18-03-11立木神社奉祝祭07

斎場にて四方の舞など。
何をするかとかの解説がなかったので、適当ですが。
18-03-11立木神社奉祝祭0818-03-11立木神社奉祝祭09

おもしろおかしく道化師さんが笑いを。
18-03-11立木神社奉祝祭1018-03-11立木神社奉祝祭11

神来舞や綾採の曲
18-03-11立木神社奉祝祭1218-03-11立木神社奉祝祭13


伊勢大神楽の最後は魁曲です。
振り袖姿の花魁が伊勢参りをする様を表す舞です。
獅子が花魁に変化したり、
日傘を手足でさばいたり…オカメに早変わりしたり…
18-03-11立木神社奉祝祭1418-03-11立木神社奉祝祭15

1250年奉祝祭の祭事が。
途中、お子さんによる豊栄の舞が。
18-03-11立木神社奉祝祭16

最後は福餅まきが。パイン飴も。
18-03-11立木神社奉祝祭1718-03-11立木神社奉祝祭18


satogaarukumiti at 15:16|PermalinkComments(0)